前へ
次へ

不動産登記はどんな理由で

不動産というのは登記されることによって、所有権が明確になるという部分があります。
不動産登記と言うのを行わなければ、基本的には所有権が視聴できないということになります 。
この不動産登記で書かれることはいったいどんなことがあるのかと言いますと、土地建物の所在、面積、権利関係というのが記入されています。
場合によっては土地建物にそれぞれ独立した登記簿が存在していることもあります。
法律によってこのようにやること、ということが決まっており、民法であり、不動産登記法及びその他政令等、ということになります。
不動産登記事務というのは、登記所において、登記官が行うということにもなっています。
こういう決まりごとが細々とあるわけです。
これによって不動産という財産がしっかりと国によって明確にも表れているということにも繋がるわけです。
登記をすることは所有権を持つものの義務と言う事になりますが、人に任せることも可能ではあります。

Page Top