前へ
次へ

不動産登記は所有権がしっかりと

不動産登記ですが所有権保存登記というのも行われています。
要するにこれは家を新築したなどの時にその最初の所有者が誰であるのかというのは明らかにする登記になります。
新しく家を建てたりした場合には一般的に権利書を作成するものになります。
ちなみにこの権利書があれば権利が認められるというような認識を持っている人がいたりするのですがそうではなくあくまで主張する時にやや有利になる程度の話になります。
明確に不動産登記されている情報こそが第一になります。
所有権保存登記は司法書士などに依頼することが可能です。
建物の種類とか構造、住所、床面積などを確認して登記の手続きをしていくことになるでしょう。
不動産登記において最もシンプルな行為と言っても過言ではなく、それほど難しいというものでもないです。
大事になってくることはできるだけ素早くやるということです。
無駄に時間をかけるようなことではない、ということでもあります。

Page Top