前へ
次へ

不動産登記における抵当権

不動産登記の一つとして抵当権の設定というものがあります。
不動産を購入するときには、自分の資金で買うというのであれば良いのですが多くの人が金融機関などからお金を借りるということがあります。
この場合、金融機関は普通、その不動産を担保にして抵当権をつけるということになります。
簡単に言えば返済が終わるまではその不動産の権利に関することで金融機関側に少なからず様々なものが付与されるということになるわけです。
不動産登記の中でも抵当権の設定というのは手続き的には比較的簡単ですが問題なスピードです。
素早くやる必要伊勢があります。
不動産登記業務というのは勝手にやっていいというわけではなくきちんと法律的な資格を持っている人でなければ、駄目ということになります。
ただしこれらの行為は別に人に行ってもらわなければならないというわけではなく自分でできるのであれば自分自身のものであれば問題なく自分でできるようになっています。

Page Top