前へ
次へ

不動産登記に調査は付きモノです

新聞広告で一番目に付くのは、最近はタワーマンションですね。
いくらするのか、金銭的な興味もさることながら、不動産価格の相場が気になります。
もし、マイホームをお持ちでないなら、いくら位ならマイホームを購入出来るのか、それらよって、融資の金額など本格的に検討することも可能です。
もし、マイホームをすでにお持ちなら、今の価値がどれくらいなのか、興味が尽きないモノです。
実際に、不動産を特定する場合、地域によっては、表示されている住所表記と、不動産登記の表記の違う事がよくあります。
その場合には調査が必要になります。
登記所である法務局で、公図と呼ばれる専門の地図を閲覧して、どの土地が、どの地番の土地かを特製することが必要になります。
不動産登記に於いては、調査は必要な事項です。
よくあるのが、共有地と呼ばれる曖昧な土地が、地図上では道路になっていることがあったりします。
共有した私有地に属していたことによって、土地の価値が上がる場合も、下がる場合もあります。
現地調査と、登記簿上の調査、2つの調査が必要不可欠です。

Page Top