前へ
次へ

不動産登記には色々な部分があります

不動産登記というのは司法書士にお願いするということが多いです。
不動産登記とは土地建物の権利が今どうなっているのかとか誰から誰に権利が動いたかなどを国が管理をするための制度であり、登記簿というものに記することになっています。
親から家などを相続した時などにも当然として受け取ることができるものではあるのですが不動産登記手続きが必要になります。
そうしないと正式に所有権が移ったわけではないということになってしまうのできちんとやるようにしましょう。
もちろん、抵当権といったような権利に関してもこの登記簿というものに記入されています。
金融機関などからお金を借りて家を購入した場合などに抵当に入るということがあるわけですが、その情報が登記されているということになります。
何かと難しいと思うかもしれませんが別に司法書士などの法曹関係の人にお願いしなければならないというわけでもないです。
自分で手続きをすることも可能です。

Page Top