前へ
次へ

不動産登記は情報がしっかりとしている

不動産登記の特徴というのはいくつかありますがまず情報がしっかりとわけられているということがあります。
不動産登記の基礎となることとしてあるのが、登記簿です。
この登記簿に記録されることになりますが、土地登記簿と建物登記簿に分かれています。
これにその不動産に関する様々な情報が記入されているということになります。
所在地とか地番、家屋番号などが記入されているのが、表題部です。
まずはこれが一番最初に見えるところになるでしょう。
そして、所有権に関する甲区と所有権以外の抵当権なども記載しないといけないわけですが、こちらは乙区と呼ばれるところに記入されています。
こうした明確にわけられている部分があるわけです。
これによって非常に分かりやすいものになっていますから実は素人が見てもそれなりにどんな状況であるのかというのが分かるようになっています。
興味があれば色々と人のを見てみるとよいでしょう。
費用はかかりますがよい経験になります。

Page Top