前へ
次へ

不動産登記を仮登記する目的は何か

不動産を取得した時には不動産登記が必要で、名義変更であったり権利の設定などを行うでしょう。
登記をするに当たってはそれなりに費用も掛かるので、あまり何度も行いたくないのであれば専門家に依頼した方が良いかもしれません。
同じ物件に対して何度も行うとその分費用が掛かることになりますが、不動産登記をするに当たって事前に仮登記をした方が良い時があるようです。
仮登記をするにもお金がかかるようですが、どんな意味があるのかです。
不動産の売買をするときには表向きは契約書などを元に行うでしょう。
それを元に代金の支払いを済ませれば所有権も自分のものになったと考えがちです。
しかし不動産の所有権を第三者に示すには登記が必要で、登記されていない状態で他人に売却されさらにその人に先に登記されてしまうと当初の契約が無駄になってしまいます。
そこで契約をした時点で仮登記をしておくことで登記の順位の保全が行えます。
登記をするのに必要な書類がそろっていないときでもすぐに仮登記ができます。

Page Top